カンブリア宮殿:カリスマからの承継 ジャパネット2代目の大改革 通販番組に出演せず

10月21日放送の「カンブリア宮殿」に出演する高田旭人さん(C)テレビ東京
1 / 4
10月21日放送の「カンブリア宮殿」に出演する高田旭人さん(C)テレビ東京

 10月21日放送の経済情報番組「カンブリア宮殿」(テレビ東京系、木曜午後11時6分)は、「カリスマからの承継 ジャパネット2代目の大改革」と題し、通販大手ジャパネットホールディングス社長の高田旭人(たかた・あきと)さんが登場する。圧倒的な存在だったカリスマ創業者から後を継いだ2代目が、いかにして会社を成長させ続けているのか、驚きの大改革を取り上げる。

 自ら通販番組のMCを担い、佐世保弁の独特な口上で人気を博し、一代でジャパネットを巨大企業に成長させたカリスマ創業者、高田明さんが2015年に退任したジャパネット。明さんは、翌年には通販番組のMCも引退した。2代目として後を継いだのは、父とは性格が真逆という長男の旭人さんだ。

 旭人さんは「自分は番組MCはやらない」と、父とは違い通販番組には出演しない方針を宣言。経営スタイルも真逆だという旭人さんに対して、当時、社内ではジャパネットの行く末を不安視する声も上がった。しかし、蓋(ふた)を開けてみれば、その後は毎年増収を続けている。コロナ禍の巣ごもり需要も追い風になり、2020年12月期には連結決算で過去最高売り上げを達成した。番組では、脱カリスマ経営の全貌に迫る。

 番組は、作家の村上龍さんと、女優の小池栄子さんがMC。「未来の進化」を担う経済人を迎えて、トークを送る。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る