SUPER RICH:“衛”江口のりこ、“亮”戸次重幸に怒り爆発! 迫真の演技に「圧巻」「ただただすごい」

連続ドラマ「SUPER RICH」第2話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「SUPER RICH」第2話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の江口のりこさん主演の連続ドラマ「SUPER RICH」(フジテレビ系)第2話が、10月21日に放送された。同話では、「スリースターブックス」を経営する氷河衛(江口さん)が、会社の金を持ち逃げした共同CEOの一ノ瀬亮(戸次重幸さん)に対して怒りを爆発させるシーンが登場。江口さんの迫真の演技に、視聴者からは「圧巻」「目を奪われた」「江口のりこさんの演技がただただすごい……」と反響が集まった。

 衛は亮がケガを負って入院したことを知り、病院に駆けつける。そこで亮は、投資のために各所から金を借りてしまい、「もうすげえ金額になっちゃって」と会社の金に手を出した理由を告白。衛に土下座し、「許される金額じゃないよな……」と口にする。

 それを聞いた衛は「金額の話なんかしてないねん! あんたは何も分かってない!」と激怒。現在、亮のせいで社員たちがとてつもない苦労を強いられていることを明かし、「お前が盗んだのは、そういう頑張ってる人たちのお金やったんや!」と亮につかみかかる……と展開した。

 このシーンでは、衛が涙声で怒りをぶつける様子や、衛が亮を殴ったり蹴ったりしながら激しく詰め寄る姿が描かれ、SNSでは江口さんの演技力に感心する視聴者が続出。「グッときた……」「めちゃくちゃ泣いてしまった」といった声も上がっていた。

 本作は、幸せのカタチ=「スーパーリッチ」を追い求める主人公・衛の波瀾(はらん)万丈の半生を描くオリジナル作品。 

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る