真犯人フラグ:遺影!? 誰かが祭壇を拝んでる…「最後の何!?」「え?今のどゆこと?」(ネタバレあり)

ドラマ「真犯人フラグ」第3話の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
ドラマ「真犯人フラグ」第3話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の西島秀俊さん主演の連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系、日曜午後10時半)第3話が10月24日に放送され、ラストにはある人物の遺影が登場。SNSでは「ひぃ.…今の遺影みたいなの何」「最後の何!?」「え?今のどゆこと?」と驚きのコメントが続々書き込まれた。

 ◇以下、ネタバレがあります

 本作は、2019年放送のドラマ「あなたの番です」(同局系)の原案を手掛けた秋元康さんら同作スタッフが制作するオリジナルミステリー。妻子失踪がきっかけで、日本中から疑惑の目を向けられながらも、真実を暴いていく主人公・相良凌介(西島さん)の闘いを描く。

 第3話の終盤では、何者かがとある一室で祭壇を拝む姿が描かれた。お経がラジカセから流れ、遺影にはなんと凌介が写されていた。突如描かれた衝撃的なラストについて、SNSでは「待って。え? 何で相良さんの遺影…?」「え? 良介の遺影…? カセットテープ???」「ラストシーンやばいな。相良凌介の遺影って…」「凌介の遺影ってめちゃ怖い! 誰が念仏唱えてたのか、気になりすぎる!」と視聴者の動揺が広がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る