おかえりモネ:りょーちん、涙のみーちゃんをぎゅっと… “シベリア”で抱擁「永久凍土が溶けてしまうわw」

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第116回の一場面 (C)NHK
1 / 2
NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第116回の一場面 (C)NHK

 清原果耶さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」(総合、月~土曜午前8時ほか)第116回が10月25日に放送され、亮(永瀬廉さん)と未知(蒔田彩珠さん)の抱擁シーンが描かれた。

 第116回では、亮と未知が「喫茶&レストラン シベリア」で会話をするシーンが登場。亮は、船の上で嵐に見舞われた日、未知に会いたいと思っていたことを打ち明ける。そして、未知の横に座り直した亮は、涙を浮かべる未知の背中をさする。そのまま亮は未知を優しく抱き締める……という展開だった。

 2人の抱擁シーンについて、SNSでは「りょーちんのハグの破壊力よ」「本当にすてきな男すぎるよ……」「こんな最高なハグあります?」「あんな優しいハグってこの世に存在するんだ」「泣きながら2人のハグを見守りました」「シベリアのほかのお客さん大丈夫ですか…」「ひゃーーーー! りょーちん! シベリアの永久凍土が溶けてしまうわw」と盛り上がりを見せた。

 「おかえりモネ」は、「透明なゆりかご」(NHK、2018年)、「きのう何食べた?」(テレビ東京系、2019年)の脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル作品。宮城県気仙沼生まれのヒロインが、同県の登米(とめ)で青春を過ごす中で、気象予報士の資格を取り上京。民間の気象会社に就職し、天気予報にまつわるさまざまな経験を積み、そこで得た経験をもとに故郷に戻って、人々に貢献する物語だ。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る