じゃない方の彼女:「恥ずかしいからあんまり見ないで」 すっぴん恥ずかしがる“怜子”山下美月に「可愛すぎ」の声

連続ドラマ「じゃない方の彼女」の第4話のワンシーン(C)「じゃない方の彼女」製作委員会
1 / 1
連続ドラマ「じゃない方の彼女」の第4話のワンシーン(C)「じゃない方の彼女」製作委員会

 俳優の濱田岳さん主演の連続ドラマ「じゃない方の彼女」(テレビ東京系、月曜午後11時6分)の第4話が、11月1日に放送された。アイドルグループ「乃木坂46」の山下美月さん演じる女子大生・野々山怜子が、既婚の大学准教授・小谷雅也(濱田さん)の前で、“すっぴん”を恥ずかしがる場面が登場。視聴者からは、「山下美月可愛すぎるな」「玲子にとんでもないくらいドキドキした」などの声が上がった。

 第4話では、怜子が風邪を引いたと聞いた雅也が、怜子の自宅を訪れる展開だった。怜子は、「びっくりしましたよ。まさか先生が来てくれるとは思っていなかったから……」と話すと、雅也は突然の訪問を謝罪。「迷惑だったよね」いう雅也に、怜子は「そんなことないです。一人暮らしだとこういうとき、心細いから……」と話す。そんな怜子を見つめる雅也に、怜子は「恥ずかしいからあんまり見ないでください」と言って……。

 SNS上では、「ソファで丸まってる怜子ちゃんも、すっぴんを見られて恥ずかしがる怜子ちゃんもめちゃくちゃ可愛すぎる」「上目遣い可愛すぎる あんな感じで言われたら誰でも惚れちゃう」「美月ちゃん、表情と仕草がいちいちかわいくてとんでもねぇな」などのコメントが並んだ。

 また、「まーくんそろそろヤバいって。。でも怜子ちゃんの悲しい顔も見たくないし……」「濱田岳ぅーたのむ。早く家に帰ってくれ」という感想も書き込まれていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る