ドクターX:第4話 凰稀かなめ、鷲見玲奈がゲスト出演 ミュージカル女優のライバルに

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第4話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 4
「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第4話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演のドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズ第4話が11月4日に放送される。元宝塚歌劇団宙組トップスター・凰稀(おうき)かなめさん、フリーアナウンサーの鷲見玲奈さんがゲスト出演。ライバル関係にあるミュージカル女優をそれぞれ演じる。

 感染爆発のため出演舞台が全てキャンセルという1年を経て、世界的大舞台で主演することになった人気ミュージカル女優・四季唯花(凰稀さん)。待ちに待った公演を目前に、唯花は重度の甲状腺がんを患ってしまい、「東帝大学病院」に極秘入院する。

 内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)は内科主導の切らない手術で治療する方針を立てるが、外科部長・海老名敬(遠藤憲一さん)は早急に外科手術をすべきと主張する。

 当の唯花は、稽古(けいこ)できるほど回復するまでに時間が掛かることや、人目につきやすい首に傷が残ることを恐れ、外科手術を拒絶。焦る海老名は「大門未知子(米倉さん)なら完璧な手術ができる」と提案する。だが、唯花はなぜか未知子に不快感をあらわに。未知子も理由を示さず「オペしないので」と言い放つ。

 一日も早い復帰を目指す唯花だが、そのめどが立たないばかりか、ライバル女優・早水楓(鷲見さん)を唯花の代役に立てる話まで持ち上がり……。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスで病院を渡り歩く外科医・未知子を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。2年ぶりの新作第7シリーズは、100年に1度の感染爆発で世界中に医療崩壊が起こる中、感染危機と新たな権力が渦巻く「東帝大学病院」に舞い戻った未知子の前に、新たな敵・内科部長の蜂須賀らが立ちはだかる。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事