ドクターX:“海老名”遠藤憲一のラストに視聴者動揺 「嘘でしょ」「海老名先生ロス」

「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第4話の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
「ドクターX ~外科医・大門未知子~」第7シリーズ第4話の一場面=テレビ朝日提供

 女優の米倉涼子さん主演の人気医療ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)第7シリーズ第4話が11月4日に放送された。同話は、遠藤憲一さん演じるレギュラーメンバーの外科部長・海老名敬に注目が集まる展開に。院内勢力を伸ばす内科部長兼院長代理の蜂須賀隆太郎(野村萬斎さん)と、患者の治療法を巡り、それぞれの進退を懸けて対立。ラストの展開に、SNSでは「嘘でしょ……海老名先生」「海老名先生ロス」「またいつか会えるよね……」などの声が上がるなど、視聴者の動揺が走った。

 「ドクターX」は、天才的な腕を持ちながら組織に属さず、フリーランスとして病院を渡り歩く天才外科医・大門未知子(米倉さん)を通して医療現場を描く人気ドラマシリーズ。第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって新局面を迎えた「東帝大学病院」を舞台に、未知子が、内科部長・蜂須賀らとの新たな戦いに身を投じていく。

 同話では、“特患”である人気ミュージカル女優・四季唯花(凰稀かなめさん)の治療法を巡る外科と内科の対立が描かれた。外科手術の採択を主張する海老名は、うっかり内科にケンカを売る大失言をしてしまい、蜂須賀の地雷を踏んでしまう。そして、それぞれの進退を懸けた対立に発展した。結果、未知子による外科手術で唯花の命は救われたが、海老名には、院長代理でもある蜂須賀から「秋田能代第49分院」への辞令が下されてしまった。

 この結末にSNSでは「異動!?うそやろ!?」「ドクターXの癒やしが」「加治先生(勝村政信さん)とのコンビ好きやったのに……寂しい戻ってきて」「今シーズン中にまた登場してくれるでしょうか?」などと、視聴者の悲しみの声が広がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る