広瀬すず:もがき続ける“意地” 徹底した食事制限で減量も 「情熱大陸」で役作りの裏側

11月14日放送の「情熱大陸」に出演する広瀬すずさん (C)MBS
1 / 1
11月14日放送の「情熱大陸」に出演する広瀬すずさん (C)MBS

 女優の広瀬すずさんが、11月14日午後11時15分から放送のドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS・TBS系)に出演する。広瀬さんは2週連続の番組登場で、映画「流浪の月」(李相日監督、2022年公開)の役作りを通して、「女優として直面する壁」にもがき続ける広瀬さんの意地に迫る。

 番組は、俳優の松坂桃李さんとダブル主演を務める映画「流浪の月」の撮影現場で役作りに臨む広瀬さんを取材。同作で広瀬さんは、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かない・さらさ)を演じた。

 複雑な環境の中で10代を過ごした更紗という役を理解するため、彼女が過ごした環境に身を置くなどさまざまなアプローチを試みる広瀬さん。一方で李監督から「役柄に合わせてはかなげなシルエットに」という注文を受け、トレーナーによる徹底した食事制限により減量も図った。

 また、女優として大きな壁に直面し、「役を“こなしている”自分がいるのでは」と感じることもあるという広瀬さんが、長期取材の末に語った言葉とは……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る