ラジエーションハウスII:“辻村”鈴木伸之、“杏”本田翼を扉開けたままバックハグ 視聴者「閉めなさいー!」 目撃の“唯織”窪田正孝に「負けるなー!」

連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」第7話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」第7話のワンシーン(C)フジテレビ

 俳優の窪田正孝さんが主演を務めるフジテレビ系“月9”ドラマ「ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~」(月曜午後9時)第7話が11月15日に放送された。同話では、辻村駿太郎(鈴木伸之さん)が思いを寄せる甘春杏(本田翼さん)をバックハグ。その際、部屋の扉が開いたままだったことから、視聴者は「あー! 辻村先生!」「大胆だな」「閉めなさいー!」などと反応した。

 第7話では、杏の父・正一(佐戸井けん太さん)が膵臓(すいぞう)がんであると判明。杏は受け入れられず、別の病気の可能性を信じようと再検査するが、やはり結果は同じだった。

 さらに、正一は積極的に治療を受けるつもりはなく、医師であり続けたいといい、杏は「私はどうしたら……このまま父が亡くなるのを待つだけなんて……」と戸惑う。隣にいた辻村は、落ち込む杏を抱きしめ……と展開した。

 部屋の扉が開いていたことで、偶然通った五十嵐唯織(窪田さん)が2人のハグを目撃。唯織もまた、杏に好意を抱いており、SNSでは「五十嵐さんー! 辻村先生に負けるなー!」「頑張れ唯織くん!」「唯織くんの幸せを祈ります」と応援コメントが並んだ。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る