町田啓太:マンガの主人公&ドラマの主演に テレ東×めちゃコミプロジェクトに審査委員長として参加「覚悟と責任感じた」

ドキュメンタリープロジェクト「僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!」でマンガの主人公とドラマの主演を務める町田啓太さん (C)「僕ドラ」製作委員会
1 / 1
ドキュメンタリープロジェクト「僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!」でマンガの主人公とドラマの主演を務める町田啓太さん (C)「僕ドラ」製作委員会

 俳優の町田啓太さんをモデルにしたマンガとドラマのプロジェクト「僕を主人公にした漫画を描いてください!それをさらにドラマ化もしちゃいます!!」で、町田さん主演のドラマが2022年2月からテレビ東京の「水ドラ25」(水曜深夜1時)枠で放送されることが11月24日、分かった。

 同プロジェクトは、テレビ東京と電子書籍サイト「めちゃコミック」によるコラボ企画で、コンテストで大賞に輝いたマンガ家の作品をめちゃコミックで連載し、テレビ東京でドラマ化。町田さんがマンガの主人公となり、ドラマで主演も務める。ドラマの放送に先駆け、同枠では2022年1月5日から、選考の様子やドラマ化への製作過程に密着したドキュメンタリーを放送。審査委員長の町田さんが応募者とのリモート面談や、スタッフとの選考会議を行う場面も収められる。

 町田さんは「作品作りにもっと広く深く関わってみたいと常々思っていたところ、僕に声をかけてくださりとんでもなくうれしかったです。どう転ぶか分からないリスクのあるこの企画だからこそすごいものができるのではと1秒もかからずに参加することを決めたのを覚えています」とコメント。

 「マンガには幼少のころから多大なる影響を受けてきている一人なので、自分を主人公にマンガを描いてもらえるかもしれない、しかもそれを演じられるなんて……幸せでしかありません」と喜びを語っている。

 また、プロジェクトを通して「選ばせてもらう側の覚悟と責任の重さも感じ、決して上からではなく可能性を最大限に考え、人として寄り添い関わっていくスタッフの皆様の姿にハッとさせられ、この先活動していく中で大切なことも学ばせてもらえています」と告白。

 「全員で悩みに悩み抜いて満場一致でドラマ化するマンガを選ばせていただきました。このマンガを大切にお預かりして、ドラマならではの絶対に面白い作品にしていきます。もうすぐ撮影が始まりますが、スタッフの皆さんに甘えながらできる限りの準備をして思いっきり挑みます。撮影では、たくさんの新しい『気付き』が生まれるように視野を広く楽しめたらと思っています。皆様、僕たちの挑戦をぜひ楽しみにしていてください。そして絶対見てください」とアピールしている。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る