相棒:“冠城亘”反町隆史卒業に「寂しい」「長い間お疲れ様でした」と反響 「次は誰?」と予想も

連続ドラマ「相棒season20」のビジュアル=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「相棒season20」のビジュアル=テレビ朝日提供

 俳優の反町隆史さんが、2015年10月から出演してきた人気刑事ドラマシリーズ「相棒」(テレビ朝日系)を、今シーズンの「相棒season20」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の最終話をもって卒業することが発表された。特命係・杉下右京(水谷豊さん)の“4代目の相棒”冠城亘を演じている反町さんに、SNSでは「最後までいてほしかった」「反町隆史さんの相棒過去一関係が大好きで、ほんとに寂しい」「どういう形で卒業するのか気になる」「まだ放送あるけど、長い間お疲れ様でした」と、悲しみの声とねぎらいの声が続々と上がった。

 「season14」の第1話の初登場時、警察官ではなく、法務省のキャリア官僚だった亘。その後、法務省を離れて特命係に正式配属となったが、これまでの右京の相棒は、寺脇康文さんが演じた初代・亀山薫、及川光博さんが演じた2代目・神戸尊、成宮寛貴さんが演じた3代目・甲斐享でいずれも警察官だった。SNSでは「次は誰が相棒になるんやろ?」「『か』(で始まって)『る』(で終わる)名前のジンクス? が受け継がれるのかな」「次の世代ってことで若いキャリア組の体育会系の女性ってのも見てみたい」など5代目を予想する声も上がっていた。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署の特命係の右京が、その天才的頭脳で推理し、相棒と共に難事件を解決するドラマ。アニバーサリーシーズンとなる今作をもって、右京と亘のコンビは7年目に突入した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る