松本潤:映画版「99.9」の仕上がりに「まさしく99.9」と自信満々 新ヒロイン・杉咲花を絶賛も

映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」の完成報告イベントに登場した松本潤さん
1 / 6
映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」の完成報告イベントに登場した松本潤さん

 松本潤さんが11月24日、東京都内で行われた主演映画「99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE」(木村ひさし監督、12月30日公開)の完成報告会見に登場。今作は2016年、2018年に放送された連続ドラマの映画版で、ドラマに引き続き主人公の超型破りな弁護士・深山を演じる松本さんは、MCから今作への自信を聞かれると「まさしく“99.9”ってとこじゃないですか。本当に自信をもってお届けできる作品に仕上がったと思っています」とタイトルに絡めて手ごたえを明かした。

 続けて松本さんは、“99.9”とした理由について「いい意味でテレビドラマを作ってきたシリーズの空気が残ってるし、そのうえで映画として、映画館で見て楽しめる部分も(あり)、“ならでは”の作りになっていると思う。逆に0.1%という意味でいうと、まだ公開されていないし、お客さんに見ていただいて、感想を感じていただいて、その0.1が埋まるのではないかと思っています」と説明。改めてMCから点数を聞かれると、再び「99.9」と照れ笑いを浮かべながら口にしていた。

 会見には香川照之さん、杉咲花さん、木村監督も出席。今作で新たなヒロインとなる新人弁護士・河野穂乃果を演じる杉咲さんは、自身の役について「すごく個性的なキャラクターになっていると思います」とにやり。撮影については「必死でした、食らいついていかないと、と思って」と苦労をのぞかせたが、松本さんは「役を掴むスピードとか、振り切ってお芝居される杉咲さんの演技を間近にみて『この人はすごいな』と。あっという間に役を掴んで、『99.9』の世界観にあっという間になじんで入ったのがすごいなと思いました」と絶賛していた。

 「99.9-刑事専門弁護士-」は、有罪率99.9%という刑事弁護の世界を舞台に、逆転不可能な状況の中、残された0.1%の可能性にこだわって事実を追求しようとする刑事専門弁護士たちを描く物語。2016年、2018年にTBS系の日曜劇場枠(日曜午後9時)で連続ドラマが放送された。

 映画では、深山たちが15年前に起きた凶悪事件に挑む。ある日、深山たちに15年前に起きた天華村毒物ワイン事件に関する依頼が舞い込んでくる。その事件には謎の弁護士・南雲(西島秀俊さん)とその娘のエリ(蒔田彩珠さん)が関わっていた。深山たちは村で出会った青年の協力を得ながら事件を徹底的に調べ、やがてある可能性に行き当たるが、実はそこには巧妙に罠が仕掛けられていた……という内容。

写真を見る全 6 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る