内田真礼:「科捜研の女」次回予告にアテレコしてみた! マリコがスポーツアニメ風キャラに?

「科捜研の女 Season21」の第7話の次回予告のナレーションを担当した内田真礼さん(左)=テレビ朝日提供
1 / 1
「科捜研の女 Season21」の第7話の次回予告のナレーションを担当した内田真礼さん(左)=テレビ朝日提供

 連続ドラマ「科捜研の女 Season21」(テレビ朝日系)の次回予告に芸人や人気声優がアテレコする企画「『科捜研の女』予告映像にアテレコしてみた!」に、声優の内田真礼さんが参加した。内田さんは、12月2日放送の第7話の次回予告を「青春スポーツアニメにありがちな予告」というテーマでアテレコしており、主人公・榊マリコ(沢口靖子さん)が青春スポーツアニメのキャラクターのように表現された。内田さんがアテレコした次回予告は、同局の公式YouTubeチャンネルで公開中。

 第7話は、男性アイドルグループの追加メンバーを決めるオーディション合宿場で参加者が殺害される。アテレコ企画では、内田さんが、同話の内容とはかけ離れた「青春スポーツアニメにありがちな予告」というテーマでアテレコに挑戦。内田のアテレコにより「科捜研の女」がキラキラとした青春ストーリーのように表現された。内田さんは、第7話に続き、第8話の次回予告のアテレコにも挑戦する。

 「科捜研の女」は、「京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)」の法医研究員・榊マリコ(沢口さん)が、現場に残された遺留品から研究所の仲間たちと事件の真相解明に挑む姿を描く。1999年にスタートし、現行の連続ドラマ最多シリーズ記録を更新し続けている。第21シリーズが毎週木曜午後8時に放送中。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る