岡田准一:2023年大河「どうする家康」で信長に 松本潤から電話で相談「一緒にどうですか?」 家康を「振り回せるの楽しみ」

2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」に出演する岡田准一さん=NHK提供
1 / 7
2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」に出演する岡田准一さん=NHK提供

 岡田准一さんが、松本潤さん主演で2023年に放送されるNHK大河ドラマ「どうする家康」に出演することが11月29日、明らかになった。同日に行われた出演者発表会見で発表され、岡田さんは織田信長を演じることが分かった。

 岡田さんは会見に出席し、「僕は秀吉配下の役がこれまで多かったんです。いつも秀吉を支える役をやらせてもらっていて。今まで振り回されてきた分、秀吉を引きずり回せるのは、とても楽しみにしています(笑い)」とコメント。「また、松本君演じる家康を支えながらも、心の面ではいろいろ振り回せることをとても楽しみにしています」と明かした。

 岡田さんは、松本さんについて「クリエーティブな面でこだわりが強い人だと思います。『(大河ドラマ出演について)一緒にどうですか?』という電話ももらって、『じゃあやるよ!』って最近言ったら、いいワインをごちそうしてくれたり、“ケア”もハンパないんですよ」と打ち明けた。

 岡田さん演じる信長は、さまざまな常識を覆し、常人離れした思考回路を持ち、革新的な戦術を生み出していく孤独なカリスマ。ときに優しく、ときに恐ろしく、誰もが恐れる中、家康は必死に食らいつき、信長の知識を吸収してゆく。そんな家康に対して、信長はなぜか異様に目をかける。

 ドラマは一人の弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語で、ドラマ「リーガルハイ」「コンフィデンスマンJP」などの古沢良太さんが脚本を担当。新たな視点で、誰もが知る歴史上の有名人・徳川家康の生涯を描く、ハラハラドキドキ、スピード感あふれる波乱万丈のエンターテインメント作となるという。

 ドラマは、2023年から放送。2022年は小栗旬さん主演の「鎌倉殿の13人」が放送される。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事