山下智久:「正直不動産」でNHKドラマ初主演「お声がけ感謝します」 福原遥と共演

2022年4月スタートの連続ドラマ「正直不動産」に主演する山下智久さん (C)HIGH HOPE ENTERTAINMENT
1 / 2
2022年4月スタートの連続ドラマ「正直不動産」に主演する山下智久さん (C)HIGH HOPE ENTERTAINMENT

 山下智久さんが、2022年4月にスタートするNHKの連続ドラマ「正直不動産」(総合)に主演することが12月6日、分かった。山下さんがNHKのドラマに主演するのは初めてで、「このたび、ドラマ『正直不動産』への出演に、お声がけいただけたこと、心より感謝いたします」とコメントを寄せた。

 2022年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「舞いあがれ!」のヒロインを演じることでも話題の福原遥さんの出演も明らかになった。フジテレビ系の連続ドラマ「監察医 朝顔」シリーズや、今年7月期に放送された日本テレビ系の連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で知られる根本ノンジさんが脚本を担当する。

 「正直不動産」は、夏原武さんが原案、水野光博さんが脚本、大谷アキラさんが作画を手がけ、マンガ誌「ビッグコミック」(小学館)で連載中の同名マンガが原作。不動産業界の裏側と、家をめぐる人間模様を描く。山下さんは口八丁で、売り上げナンバーワンを誇るやり手の営業マン・永瀬財地を演じる。永瀬はある日を境に、土地のたたりによって、うそが一切つけなくなる。福原さんは永瀬の後輩社員・月下咲良を演じる。

 山下さんは、「このたび、ドラマ『正直不動産』への出演に、お声がけいただけたこと、心より感謝いたします。巧みな話術とうそと建前で顧客の心をつかんでいた主人公がある日突然、不思議なことに、うそがつけなくなってしまいます。彼の本音を聞くのはある種、痛快な面もあります」とコメント。

 「ですが、今までうそで固めて営業成績を上げてきた永瀬が、戸惑いながら正直でいることの大切さに気付いていき、正直者が、馬鹿を見る世の中に、右ストレートを打ち込む。そんな彼の姿に希望を感じてもらえるような、何か足りないものに気付かせてくれるようなお話になるのではないかと、今から期待に胸を膨らませています」と話している。

 福原さんは、「お話をうかがったときは、とても光栄でうれしい気持ちでいっぱいでした。作品を読ませていただき、月下のカスタマーファーストをモットーに、一生懸命働いている姿が、とても共感でき、心を動かされました。いつも全力で真っすぐに仕事と向き合う姿を、丁寧に演じられるよう頑張りたいと思います!」と明かし、「私自身も月下に負けないくらい、精いっぱい突き進みたいと思いますので、よろしくお願いいたします」とアピールしている。

 根本さんは、「ここまで不動産業界の裏側に踏み込んだマンガ原作があっただろうか? それをドラマ化する? しかもNHKで? 最初に話を聞いたときはドッキリだと思いました。こんなワクワクする企みに声をかけていただき、心から感謝しております。ただ、こんな時代だからこそ衣食住の中で、もっとも大金が動き、さまざまな人の業(ごう)があらわになる『住』について真剣に描くべきだと思いました」とコメント。

 「私自身も脚本を書きながら、いかに自分が不動産に対して無頓着だったかを痛感しています。最高のキャスト、スタッフがそろいました。正直に言います。不動産で損をしたくないなら、このドラマを絶対に見てください」と語っている。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事