相棒season20:第8話「操り人形」 学生運動カリスマ、白骨遺体の謎 “亡霊”の意味は

連続ドラマ「相棒season20」第8話「操り人形」の一場面=テレビ朝日提供
1 / 3
連続ドラマ「相棒season20」第8話「操り人形」の一場面=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒season20」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の第8話「操り人形」が、12月8日に放送される。

 建て替え工事が行われていたキャンパスで、成人男性の白骨死体が見つかった。頭蓋骨に大きな傷があり殺害されたことは明白だったが、死後50年は経過しており、すでに時効は成立していた。事件を聞きつけた特命係の杉下右京(水谷豊さん)と冠城亘(反町隆史さん)は、時効とはいえ真実を究明すべく、捜査を開始する。

 まもなく、白骨死体の身元は1973年に行方不明になった学生運動の幹部・岡田茂雄(名村辰さん)と判明。岡田は演説で人の心を操るカリスマ指導者として知られ、敵対するセクトから命を狙われていた。消息を絶った当時から、過激派同士の抗争、内ゲバで殺害されたとみられていた。

 捜査の糸口を求め、右京たちは、岡田の幼なじみで大学の同期でもある藤島健司(下條アトムさん)を訪ねる。藤島は激しい世界に生きる岡田とは対照的に、学生時代から人形劇に没頭。現在も旗揚げメンバーの田中美鈴(白川和子さん)と共に細々と劇団を続けていた。藤島は特命係の訪問に明らかに動揺を見せつつも、思い当たることはないと話す。

 そんな中、捜査一課が現れ、大手物流会社社長・梶原太一(ベンガルさん)が遺体となって見つかる。死の直前、梶原が藤島にメールを送っていた事実が判明したという。さらに、梶原は、1週間ほど前から何かにおびえる様子を見せ、「亡霊が見える」と口走っていたと言う……。脚本は瀧本智行さん、監督は守下敏行さんが担当。

 「相棒」は、警視庁の窓際部署「特命係」の右京が、その天才的頭脳で推理し、相棒と共に難事件を解決するドラマ。アニバーサリーシーズンとなる今作をもって、右京と亘のコンビは7年目に突入した。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る