風の向こうへ駆け抜けろ:「ずっと馬のそばにいた」平手友梨奈の騎手ぶりに注目 主演ドラマが2週連続で

NHK土曜ドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」前編の一場面 (C)NHK
1 / 5
NHK土曜ドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」前編の一場面 (C)NHK

 平手友梨奈さんが主演を務めるNHK土曜ドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」(総合、土曜午後9時)が12月18、25日に2週連続で放送される。平手さんはNHKドラマ初出演で、騎手役に初挑戦。「瑞穂は、幼いころからお馬さんと一緒に暮らしてきた女の子。私もすごく大好きだったので、自分から隙(すき)があれば、ずっとお馬さんのそばにいました」と明かす平手さんの演技に注目だ。

 ドラマは古内一絵さんの同名小説(小学館)が原作。平手さん演じる主人公の女性騎手・芦原瑞穂のひたむきな情熱が、人生を諦めていた人々の心に火をつけ、廃業寸前の厩舎(きゅうしゃ)が桜花賞に挑んでいく物語。同局の連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」などで知られる大森寿美男さんが脚本を手掛けた。

 ダメな連中ばかりが集まる緑川厩舎の調教師・緑川光司役で中村蒼さん、端正な顔立ちの失声症の厩務員・木崎誠役で板垣李光人さんも出演する。

 18日放送の「前編」では、新人女性騎手の芦原瑞穂(平手さん)は、中央の競馬学校に進み卒業、プロデビューするが成績は上がらず苦しんでいた。そんな瑞穂を迎え入れたのは、やる気のない調教師の緑川光司(中村さん)と頑固で融通の利かないベテラン厩務員たちがいる廃業寸前の厩舎だった。

 瑞穂は地方競馬で騎手として再デビューするものの成績は上がらずいた。そんな中、緑川厩舎は馬主と瑞穂のいさかいが原因で馬を引き上げられ、廃業の危機に至る……というストーリー。

写真を見る全 5 枚

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る