青天を衝け:吉沢亮、老境の芝居は年齢を意識しすぎないよう “栄一のエネルギー”大切に

大河ドラマ「青天を衝け」最終回の一場面 渋沢栄一を演じる吉沢亮 (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「青天を衝け」最終回の一場面 渋沢栄一を演じる吉沢亮 (C)NHK

 俳優の吉沢亮さん主演のNHKの大河ドラマ「青天を衝(つ)け」(総合、日曜午後8時ほか)。ついに最終回(12月26日放送)を迎え、吉沢さん演じる主人公・渋沢栄一の最晩年が描かれる。“老境の芝居”について、吉沢さんは「結構難しかったです。(高齢を)意識しすぎてしまうと、栄一のエネルギーが落ちてしまったように感じるので、監督と相談しながら探っていきました」と振り返った。

 吉沢さんは今作で、91歳の“最期”まで栄一を演じることが発表されている。劇中では、だんだんと栄一の体の衰えも目立つように描かれているが、13歳の栄一から演じている吉沢さんは「第1回から続いている栄一のエネルギーは最後まで持ち続けたい」と、年齢をあまり意識しすぎないように演じているという。

 「80歳、90歳とどんどん年をとっていくのですが、あまりそこを意識しすぎてしまうと、栄一の勢いが落ちてしまうと思いました。あまりおじいさんになりすぎないよう演じました」

 体は衰えてはいるが、内蔵するエネルギーは殺さずに。そうして体の動きを緻密に作っていったといい、「声質、言葉のスピード感、後ろを振り返るときに首だけでいかず体全体でいくみたいな体の動きとか、細かく、年をとっていく芝居を作っていきました」と話していた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る