清原果耶:新成人迎える2022年の抱負は「気」 「気合で乗り切るチャレンジの年に」

連続ドラマ「ファイトソング」の制作発表会見に出席した清原果耶さん
1 / 7
連続ドラマ「ファイトソング」の制作発表会見に出席した清原果耶さん

 女優の清原果耶さんが、このほど行われた主演ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)の制作発表会見に出席した。会見では、主演の清原さんらキャスト陣が、2022年の抱負を書き初めで披露。今年新成人となる清原さんは「気合」の「気」と記し、「結構考えたり迷ったりして、立ち止まることが多いですが、今年はいろいろ気合で乗り切ってみようかなという、チャレンジの年だなと思うので」と理由を明かした。

 ドラマでは、空手日本代表の夢に破れたヒロイン役で空手にも初挑戦。「小学生くらいからずっと空手をやってみたくて、念願かなってうれしいです」と話しつつも、「型を覚えるのも難しいですし、日常で人と戦う状況がないので怖かったです」と苦労を語った。

 共演の俳優・間宮祥太朗さん、人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さんも書き初めを披露。間宮さんは「虎」を選び、「えとではなくて、応援している阪神タイガースを意識しました。タイガースと共に今年躍進できれば」と意気込んだ。

 菊池さんは「明」と書き、「とにかく明るい1年にしたい。ドラマも明るい役ですから」とコメント。間宮さんの書き初めを受けて、「僕は(横浜DeNA)ベイスターズファンなので、星と迷ったんですけど。TBSさん聞こえてますか?」と笑いを誘う一幕もあった。

 ドラマは、岡田惠和さんが脚本を手がけるオリジナル作品。“人生ドン底”の主人公・木皿花枝(清原さん)、落ちぶれた一発屋ミュージシャン・芦田春樹(間宮さん)、花枝の幼なじみ・夏川慎吾(菊池さん)、不器用な3人の恋と成長の物語を描く。1月11日スタート。初回は15分拡大で放送される。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る