ファイトソング:“慎吾ちゃん”菊池風磨に「ハマり役」「キュンです!」 “匂わせ”の「レッツダンス」も話題に

連続ドラマ「ファイトソング」第1話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「ファイトソング」第1話のワンシーン(C)TBS

 女優の清原果耶さん主演の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)第1話が1月11日に15分拡大で放送された。チャラく見えて中身はいちずな幼なじみ・夏川慎吾を演じる人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さんに対し、視聴者から「夏川慎吾、風磨くんにピッタリ」「風磨くんハマり役すぎて優勝!」「風磨くん誰よりも慎吾ちゃんが似合う男だよ」と反響を呼んだ。

 「ファイトソング」は、岡田惠和さん脚本のオリジナル作品。空手日本代表の夢に破れたヒロイン、落ちぶれた一発屋の変人ミュージシャン、ヒロインをいちずに思い続ける幼なじみの不器用な3人が繰り広げるヒューマンラブコメディー。

 第1話では、夢に破れ、無気力な毎日を送っていたヒロインの木皿花枝(清原さん)が、幼なじみの慎吾が経営する「サンシャインクリーニング」で、ハウスクリーニングのバイトとして働くことに。

 花枝が前を向けるよう後押しする慎吾だったが、そんな中、花枝が仕事でミスをしてしまう。「ミスは誰にだってあるんだから」と励ます慎吾に対し、花枝は「ミスじゃないよ。ちゃんとやってなかったんだよ。やる気なくて」と返答。すると、慎吾は声色を変えて「仕事なめんなよ、花枝」「俺命がけでやってるし、魂削ってやってんだよ」と叱咤する……という展開だった。

 ツイッターでは、「慎吾ちゃんがちゃんと叱ってあげるのすごく優しくていい人で風磨くんぽいなと思った」「真剣に怒ってくれる慎吾ちゃんにキュンです!!」といったコメントが並び、「菊池風磨」「風磨くん」「慎吾ちゃん」などのワードがトレンド入りした。

 また、劇中には慎吾が「レッツダンス」と言ってテンション上げようとするシーンが登場。菊池さんはドラマ放送前に、自身が参加するYouTubeチャンネル「ジャにのチャンネル」の動画で「レッツダンス」と口にしており、ファンの間では「『レッツダンス』の謎が解けて笑ってる」「レッツダンスの伏線回収w」「匂わせしてたのかw」と話題に。ツイッターでは「レッツダンス」「Let’s Dance」もトレンド入りする盛り上がりとなった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る