DCU:横浜流星が阿部寛のバディーに チームの中でも群を抜く能力の持ち主

連続ドラマ「DCU」で瀬能陽生を演じる俳優の横浜流星さん(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「DCU」で瀬能陽生を演じる俳優の横浜流星さん(C)TBS

 1月16日にTBSの「日曜劇場」(日曜午後9時)枠でスタートする、俳優の阿部寛さんが主演を務める連続ドラマ「DCU」。水中で起こった事件や事故の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を描く“ウオーターミステリー”で、海外の大手制作会社であるケシェット・インターナショナル、ファセット4メディアと共同制作するオリジナル作品。俳優の横浜流星さん演じる若手隊員の瀬能陽生(せのう・はるき)を紹介する。

 ◇阿部寛演じるDCU隊長とバディー 助けられた過去も

 瀬能は、主演の阿部さん扮(ふん)するDCUの隊長・新名正義(にいな・まさよし)とバディーを組む。ダイバーとしての能力が高く、DCUの中でも群を抜く存在だが、その自信から一人で突っ走ってしまうこともある。実は、幼いころに海難事故で両親を亡くし、自身は新名に助けられた過去がある。

 ◇初回ストーリー

 2022年、海上保安庁に「潜水特殊捜査隊」、通称「DCU」が発足した。隊長となったのは、50歳を迎えた新名正義(阿部さん)で、メンバーには海保のエリート・西野斗真(高橋光臣さん)、女性初の潜水士となった成合隆子(中村アンさん)らがいた。過去に水難事件で新名に命を救われた瀬能陽生(横浜さん)の姿もあった。DCUは、海上・水中のほか、陸上の捜査権限も与えられることになったが、そのことが警察関係者との間に溝を生んでいた。

 そんなDCUが捜査に向かったのは、群馬県のダム湖。ある人物の頭骸骨の破片が発見されたからだった。ダム湖の水底を新名たちが潜水捜査すると、そこには思いもよらない景色が広がっていた。容疑者として、ダム建設に関わっていた疑惑の3人の名前が挙がり……。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る