深津絵里:るい編初日に緊張 感情コントロールできず「何テイクも」 「カムカム」撮影の舞台裏明かす

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で雉真るいを演じる深津絵里さん (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」で雉真るいを演じる深津絵里さん (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)で、2代目ヒロイン・雉真るいを演じる深津絵里さん。るいは安子(上白石さん)の娘として岡山で生まれ、18歳で“自分らしく自由に生きていきたい“と大阪に出て、クリーニング店で住み込みながら働く様子が描かれてきた。深津さんは、印象に残っているシーンとして、「竹村クリーニング店の平助さん(村田雄浩さん)と和子さん(濱田マリさん)ご夫婦と会って初めてお茶の間でおせんべいをいただくシーン。すごく緊張しました」と告白する。

 「というのも、それがるい編の初日に撮ったシーンだったんです。岡山にいた十何年間で、きっとるいの心はとっても固く閉ざされていて。本当の気持ちをなかなか表さなかった女の子が、全く見ず知らずのお宅にあがって、温かさに触れ、心を開放する。私の感情がうまくコントロールできなくて、何テイクもやらせていただいたんです。それを、村田さんとマリさんのお二人が見守ってくださいました」と明かす。

 さらに、「(村田さんと濱田さんは)言葉ではなく、私たちはここにいるから大丈夫だよっていう空気を作ってくださって。お二人にご迷惑をかけたと思うんですけれど、そのつまずきみたいなものがあったからこそ、一気にお二人との関係を作れたような、みんなで手を取り合えた気がして、とっても大事なシーンだったなと思います」と振り返った。

 視聴者に向けて、「安子編からずっとこの作品を見守ってくださっている視聴者の方々に、ひなた(川栄さん)の最後までを見守っていただけることが私の願いです。放送中のるいの時代のエピソードが、ひなたの時代につむがれていきます。次はひなたの気持ちに寄り添って、毎朝この物語を楽しんで見ていただけたらうれしいです」と呼びかけた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事