ケイ×ヤク―あぶない相棒―:“一狼”鈴木伸之&“獅郎”犬飼貴丈、同居し事件を追うことに

「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが主演を務める連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の第3話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 7
「劇団EXILE」の鈴木伸之さんが主演を務める連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の第3話のワンシーン=読売テレビ提供

 「劇団EXILE」の鈴木伸之さん主演で犬飼貴丈さんも出演する連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)第3話が1月27日に放送される。

 一狼(鈴木さん)が獅郎(犬飼さん)宅に転がり込み、2人は同居しながら莉音(栗山千明さん)失踪事件を追うことに。獅郎の舎弟たちは、2人の様子が仲むつまじい同棲(どうせい)カップルに見えてザワつく。

 獅郎の元に里親からの贈り物が届く。獅郎の誕生日は、一狼にとっても複雑な意味を持つ日付だった。

 莉音が失踪前に追っていたのは、大須総理(板尾創路さん)ら政治家4人。いずれも子供を東永大付属中学に通わせていた。その一人、東幸子(中田クルミさん)は20年来入院している。中学時代の出来事が原因で心を病んでしまった可能性が高かった。

 同中学創立記念パーティーが開かれるとの情報を入手した一狼は、幸子ら4人の関係性を探るため、協力者Sをパーティーへ潜入させる。

 獅郎は大須総理と密会。情事の後、大須は息子・匡(吉村界人さん)のことを話し始め……。

 原作は講談社の少女・女性向けマンガアプリ「Palcy(パルシィ)」で連載中の薫原好江さんの同名マンガ。公安捜査官の国下一狼とヤクザの英獅郎が協力し合う関係を周囲から隠すため、2人で偽りの“恋人契約”を結んで動き出す。職業も性格も正反対な男たちが、闇に葬られた事件を秘密裏に追ううち、巨大な陰謀に巻き込まれていく物語。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事