相棒season20:冠城亘「死亡フラグ回避」 「青木めちゃくちゃ冠城くんのこと好きやん」の声も

連続ドラマ「相棒season20」第18話「詩集を売る女」の一場面=テレビ朝日提供
1 / 1
連続ドラマ「相棒season20」第18話「詩集を売る女」の一場面=テレビ朝日提供

 人気刑事ドラマ「相棒season20」(テレビ朝日系、水曜午後9時)第18話「詩集を売る女」が3月9日に放送された。予告では、捜査の過程で、特命係の冠城亘(反町隆史さん)の胸にナイフが刺さるシーンが登場しており、その安否に注目が集まった。

 同話は、詩集の路上販売をするマキ(太田莉菜さん)という女性が、気鋭のデザイナーのKAZHO(篠原真衣さん)に恨みを抱いていることを知った特命係が、事件を未然に防ぐため、奔走。杉下右京(水谷豊さん)と亘は、サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介さん)と共に、マキを尾行するが、その捜査の過程で亘は胸をナイフで刺されてしまい……と展開した。

 結果、亘は胸に挟んでいたマキの詩集のおかげで傷が浅くすみ、致命傷に至らずにすんだ。SNSでは「恐ろしくベタな致命傷回避を令和の時代に披露する冠城亘」「無事で良かったよ。殉職だけはやめてほしかったからホッとした」「冠城さん死亡フラグ回避」などと喜びの声が続々と上がった。

 亘が刺された際の右京と青木の反応にも注目が集まった。2人の様子に「右京さんにとって目の前で“相棒”が刺されるのは2度目だからな。冠城が刺されたときにどんな思いになったのだろうか……」「青木がどれだけ、冠城さんを愛してるかわかるな」「あんな表情して駆け寄って、傷浅いって分かっているのに、救急車呼ぶ青木めちゃくちゃ冠城くんのこと好きやん」などのコメントも見られた。

 次週3月16日は「最終回スペシャル前篇」が放送される。

テレビ 最新記事