逃亡医F:第9話 “藤木”成田凌、“佐々木”安田顕と直接交渉へ 天才外科医、命がけの反撃!!

ドラマ「逃亡医F」第9話の一場面=日本テレビ提供
1 / 4
ドラマ「逃亡医F」第9話の一場面=日本テレビ提供

 俳優の成田凌さん主演の連続ドラマ「逃亡医F」(日本テレビ系、土曜午後10時)第9話が3月12日に放送される。予告映像には「天才外科医 命がけの反撃!!」「黒幕と頂上決戦」などの文字が並ぶ。

 「妙子(桜庭ななみ)が生きている」という烏丸(前田敦子さん)の言葉に、藤木(成田さん)、拓郎(松岡昌宏さん)、美香子(森七菜さん)は激しく動揺する。しかも、妙子の開発した「DDSη(イータ)」と、佐々木(安田顕さん)の開発した新薬「ガイスト」を併用しなければ、脳に損傷を受けた妙子を救うことはできないという。

 死の危険を伴う副作用のある「ガイスト」の臨床試験を巡って、佐々木と妙子が対立していたことも聞かされる。

 藤木は長谷川(桐山照史さん)を刑事の筋川(和田聰宏さん)のアパートに呼び出し、皆で佐々木からの妙子奪還作戦を計画。藤木はそのために正面突破で佐々木に会いに行くことを決意する。

 藤木は「ガイスト」無毒化の方法に気付いた、と佐々木に揺さぶりをかけ、「ガイスト」提供を交渉。佐々木は「バイオネオ」で妙子を治療するという条件で「ガイスト」提供を認める。その会話を機に、本当に藤木は無毒化の方法に気付き……。

 原作は伊月慶悟さん作、佐藤マコトさん画の同名マンガ(Jコミックテラス)。恋人殺害のぬれぎぬを着せられて指名手配された天才脳外科医・藤木が、逃亡の日々を送りながら、満足な道具も設備も無い中で人命を救うため奮闘する姿を描く。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事