鎌倉殿の13人:義時、ショック! 八重「お断りいたします」ジャジャジャーン♪ 開始2分の悲劇「全部大泉のせい」?

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第11回場面カット ある悲しいことがあって泣いていたが、三浦義村(山本耕史さん)にからかわれてムッとする北条義時(小栗旬さん) (C)NHK
1 / 1
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第11回場面カット ある悲しいことがあって泣いていたが、三浦義村(山本耕史さん)にからかわれてムッとする北条義時(小栗旬さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第11回「許されざる嘘(うそ)」が3月20日に放送された。同回の冒頭では、義時(小栗さん)と夫婦(めおと)となる話を持ちかけられた八重(新垣結衣さん)がきっぱりと断るシーンが登場し、視聴者の同情と笑いを誘った。

 放送開始2分もたたずして訪れた悲劇に義時は涙目で、SNSでは「即決www」「義時、ショック」「お断りされたwww」「めっちゃフラれた」「八重『お断りいたします』ジャジャジャーン♪」「何だこのBGMはw」「初っぱなから『全部大泉のせい』だなぁw」と盛り上がった。

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く、予測不能のエンターテインメント作だ。

 第11回は、鎌倉では、源頼朝(大泉洋さん)の新たな御所が完成。坂東武者に平家の旧領を恩賞として与えるなど着々と体制が整えられ、義時も慌ただしい日々を送る。だが、りく(宮沢りえさん)は、頼朝の舅(しゅうと)である夫・時政(坂東彌十郎さん)の処遇の低さに不満を募らせる。

 一方、都では平清盛(松平健さん)が敵対勢力の掃討に乗り出し、その苛烈さに人々が恐れおののく。そんな中、平家討伐を焦る義経(菅田将暉さん)は集まった兄たちの前で……といった展開だった。

テレビ 最新記事