百田夏菜子:発達障害抱える妻役で連ドラ初主演 6月スタート「僕の大好きな妻!」

連続ドラマ「僕の大好きな妻!」で主演を務める百田夏菜子さん=東海テレビ提供
1 / 8
連続ドラマ「僕の大好きな妻!」で主演を務める百田夏菜子さん=東海テレビ提供

 アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんが、東海テレビ・フジテレビ系「土ドラ」(土曜午後11時40分)枠で6月4日スタートの「僕の大好きな妻!」で、連続ドラマに初主演することが4月15日、明らかになった。人気コミック「僕の妻は発達障害」が原作。百田さんは、結婚後に自身が発達障害だと分かり、多くの壁にぶつかりながらも夫と共に全力で生きる妻を演じる。

 ドラマは、「月刊コミックバンチ」(新潮社)で連載中の、妻・ナナトエリさん、夫・亀山聡さんのマンガ家夫婦による「僕の妻は発達障害」が原作。ナナトエリさん自身も発達障害で、実体験を交えた作品だ。発達障害を抱える主人公・北山知花(百田さん)が、自分ではどうすることもできない困難に直面しながらも、夫・悟と共に前を向いて歩く姿を描く。

 知花は、アパレルショップの派遣販売員。マンガ家アシスタントの悟と結婚するが、日常に違和感を覚え、発達障害の検査を受ける。多動気味で忘れっぽく、物事の整理が苦手という役どころだ。

 百田さんは、「お話をいただき、私にできるのだろうかと正直不安もありました。でも、知花と出会い悟と出会い、2人が生きる世界の優しさに心が熱くなりました。こんなふうに自分と向き合い、相手と向き合い、認め合い、助け合い、愛し合う優しい世界がもっともっと広がればいいなと思いました。同じ人はいないから。この作品がそのきっかけになれたらうれしいです」とコメントしている。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事