恋なんて、本気でやってどうするの?:「稔さんときぬちゃんが!!」 松村北斗&小野花梨、衝撃のラブシーンに「カムカム」ファン大混乱

連続ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」に出演する小野花梨さん=カンテレ提供
1 / 1
連続ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」に出演する小野花梨さん=カンテレ提供

 女優の広瀬アリスさん主演の連続ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?(恋マジ)」(カンテレ・フジテレビ系、月曜午後10時)の第1話が4月18日に放送。イケメンギャルソン・柊磨役の松村北斗さんと、“恋多き女”ひな子役の小野花梨さんが一夜を共にするシーンがあり、8日に最終回が放送されたNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」のファンから悲鳴が上がった。

 「恋マジ」は、恋に本気になれない6人の男女が、人生最大の“本気の恋”に落ちていく姿を描くラブストーリー。松村さんは女性を癒やす天才の柊磨、小野さんは柊磨にまとわりつくひな子を演じている。「カムカム」では、松村さんがヒロインの一人、安子(上白石萌音さん)の夫・稔、小野さんが安子の親友・きぬとして出演しており、早くも再共演が実現。

 第1話で、ひな子は柊磨が勤める店にやってくると、「今夜いいよね、相談したいことがあるの」と親しげに話しかける。その後、2人は一夜を共にした様子で、ベッドで2人、まどろむ姿が。朝になり、そろって外出すると、ひな子は「柊磨のお陰で元気が出た」と声を弾ませ、「このパワーで、もう一度、彼にアタックしてみるね」と語る。柊磨も「頑張れ」とひな子を応援していた。

 ツイッターでは「きぬちゃん」がトレンド入り。「カムカム」ファンは「うわぁあぁあぁっ! 稔さんときぬちゃんが!!」「きぬちゃんが……稔さんを誘惑しとる(絶句)」「稔さんときぬちゃんのイチャイチャシーンで大混乱」「きぬちゃん、、、、、、! 安子の旦那やぞ、、、、、!(違う)」と大混乱していた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る