ドラマ1週間:竹内涼真主演で「梨泰院クラス」リメーク 朝ドラ「ちむどんどん」に時任三郎の息子・時任勇気

今年7月期放送の連続ドラマ「六本木クラス」で主演を務める竹内涼真さん=テレビ朝日提供
1 / 1
今年7月期放送の連続ドラマ「六本木クラス」で主演を務める竹内涼真さん=テレビ朝日提供

 1週間の主なドラマのニュースをまとめて紹介する「ドラマ1週間」。今回(4月23~29日)は、大ヒットした韓国ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」が、俳優の竹内涼真さん主演でリメークされて今年7月期に連続ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系、木曜午後9時)として放送される話題、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)に、俳優の時任三郎さんの息子の時任勇気さんが出演した話題などが注目を集めた。前後編で取り上げる。

 24日、2020~21年に放送された特撮ドラマ「仮面ライダーセイバー」(テレビ朝日系)で“ラスボス”のストリウスを演じて話題となった俳優でカメラマンの古屋呂敏(ろびん)さんが、綾瀬はるかさん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「元彼の遺言状」(月曜午後9時)にレギュラー出演することが分かった。古屋さんがゴールデン帯の連ドラにレギュラー出演するのは初めて。刑事の松田大樹役で、勝村政信さん演じる橘五郎とのバディーで、主人公の敏腕弁護士・剣持麗子(綾瀬さん)と対立する。

 24日、女優の新川優愛さんが、今夏にBS10 スターチャンネルで放送されるドラマ「TRUE,BABY TRUE.」で主演を務めることが明らかになった。今作は、音楽ユニット「DREAMS COME TRUE」の楽曲を映像化するスターチャンネル初のオリジナルドラマプロジェクト「5つの歌詩(うた)」の1編で、時空を超えても深い絆でつながる親子の愛を描く。新川さんは、未来にタイムスリップして、成長した息子と出会う……という役どころ。「いろいろな方に愛されているドリカムさんの曲をドラマ化というのは、すごくわくわくしましたし、うれしいなと思いました」とコメント。「親子という関係でなくても、今近くにいる大切な人に『ありがとう』と伝えたくなるような、温かいお話になっていると思います」とアピールした。

 24日、元宝塚歌劇団月組トップスターの珠城りょうさんが、二宮和也さんが主演を務めるTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「マイファミリー」で、初のテレビドラマ出演を果たすことが発表された。二宮さん演じる鳴沢温人(はると)の親友、東堂樹生(濱田岳さん)の妻・東堂亜希を演じる。

 24日、人気ミステリーマンガを実写化した「金田一少年の事件簿」(日本テレビ系)の約8年ぶりとなる新シリーズが、人気グループ「なにわ男子」の道枝駿佑さん主演でスタート。第1話「学園七不思議殺人事件」が放送されると、ツイッターのトレンドでは、「#金田一少年の事件簿」が1位を記録。そのほかにも「道枝くん」「みっちー」「はじめちゃん」「学園七不思議」など、関連ワードが続々ランクインした。ドラマは毎週日曜午後10時半の放送だが、第2話「聖恋島殺人事件 前編」の放送が、当初の5月1日から1週間延期されることが発表されている。5月1日は、堂本剛さんが主演を務めた同作品の第2シリーズから「悪魔組曲殺人事件」(1996年7月13日放送)を再編集して放送する。

 25日、竹内さんが、大ヒット韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークした、今年7月期の連続ドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系、木曜午後9時)で主演を務めることが発表された。「梨泰院クラス」の主人公・パク・セロイ(パク・ソジュンさん)は髪形が特徴的だったが、竹内さんも主人公・宮部新のイメージを膨らませて、髪形を一新したことも明らかに。今作は、「梨泰院クラス」の原作マンガを日本の設定に置き換えて翻案された、マンガ配信サービス「ピッコマ」で掲載中の「六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~」が原作。強大な権力を持つ日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」に絶望のふちに立たされた新が、復讐(ふくしゅう)を誓い、“下克上”を目指す姿を描く。

 25日、女優の堀田真由さんが、7月22日からWOWOWで放送・配信される連続ドラマ「WOWOWオリジナルドラマ オカルトの森へようこそ」に主演することが分かった。堀田さんがWOWOWオリジナルドラマで主演を務めるのは初めて。今作は、映画「貞子vs伽椰子」(2016年)、「不能犯」(2018年)などで知られる白石晃士監督とWOWOWがタッグを組んで制作。異界とつながる「祟(たた)りの森」を舞台に、映画スタッフが次々と迫る恐怖から逃げ惑い、時に立ち向かう姿を描く。堀田さんは、助監督の市川美保を演じる。

 25日、黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」の第11回が放送され、時任勇気さんが出演した。演じているのは、ヒロイン・比嘉暢子(黒島さん)の就職希望先「眞境名(まじきな)商事」の跡取り息子・眞境名英樹。英樹は父親も認める“バカ息子”で、同回では、新垣のおばぁ(きゃんひとみさん)を「邪魔だ」と突き飛ばし、暢子の兄・賢秀(竜星涼さん)に殴られた。その賢秀の行動が問題となり、暢子の就職に暗雲が垂れこめる……と展開した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画