インビジブル:“磯ヶ谷”有岡大貴の奮闘に「成長していく姿にうるうる」の声

連続ドラマ「インビジブル」第3話の一場面(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「インビジブル」第3話の一場面(C)TBS

 俳優の高橋一生さん主演の連続ドラマ「インビジブル」(TBS系、金曜午後10時)の第3話が4月29日、放送された。人気グループ「Hey! Say! JUMP」の有岡大貴さん演じる磯ヶ谷潔が、志村貴文(高橋さん)とともに奮闘する様子が描かれ、視聴者からは「磯ヶ谷くんの成長していく姿に涙うるうるだったし、めちゃめちゃにかっこよかった」などの声が上がった。

 第3話では、ある女性が殺されてショーウィンドウに“展示”され、志村貴文(高橋さん)が逮捕されるも、間もなく容疑は晴れる。キリコ(柴咲コウさん)によると、犯人は「“演出家”」と呼ばれるクリミナルズで、遺体をアート作品に仕上げて展示するのが趣味といい、既に次の殺害を請け負っているという。

 キリコは、志村に“演出家”逮捕作戦を持ち掛けるが、捜査一課長の犬飼彰吾(原田泰造さん)は猛反対。しかし、志村は乗ることを決め……。中盤では、磯ヶ谷が無線を外してしまうミスをしてしまい、“演出家”を取り逃がしてしまう展開に。落ち込む磯ヶ谷だったが、志村と行動を共にし、“演出家”逮捕に向けて奮闘する姿が描かれた。

 SNS上では、「磯ヶ谷くん可愛かったし、大活躍の回。これからの成長楽しみ」「責任をもって事件と向き合う志村さんの背中に感じるものが沢山あったみたいで良かった」「ポンコツだけれども、可愛くてカッコよくて、少しずつ成長していく感じだね」「自分のミスを認めて反省し、そこから気持ちを切り替えて果敢に行動した磯ヶ谷くん。志村さんとの絆も生まれ、容疑者確保に結びついた」などの感想が書き込まれ、盛り上がりをみせていた。

テレビ 最新記事