横浜流星:広瀬すずを前に幸せそうな表情 対照的なやつれた姿も 映画「流浪の月」新場面写真

映画「流浪の月」の場面写真 (C)2022「流浪の月」製作委員会
1 / 4
映画「流浪の月」の場面写真 (C)2022「流浪の月」製作委員会

 女優の広瀬すずさんと俳優の松坂桃李さんのダブル主演映画「流浪の月」(李相日監督、5月13日公開)の新たな場面写真が5月3日、公開された。中瀬亮(横浜流星さん)が、恋人の家内更紗(かない・さらさ、広瀬さん)を前に幸せそうな表情を浮かべる姿と、亮のやつれた姿を捉えた対照的な2枚となっている。

 原作は、2020年の「本屋大賞」を受賞した凪良ゆうさんの同名小説(東京創元社)。10歳の時に誘拐事件の“被害女児”とされた更紗と、当時19歳で事件の“加害者”とされた佐伯文(松坂さん)が、“被害女児”と“加害者”という烙印(らくいん)を背負ったまま15年ぶりに再会する。更紗のそばには、婚約者の亮がいて……という展開。

 原作ファンの横浜さんは亮役のオファーを引き受け、改めて読み返したといい、「亮目線で読むと、また違う見方ができました。文目線で読んでいた時は『この男、何なんだよ』と思っていましたが、亮目線で読むと亮にも悲しい過去があり、だからこそ更紗を精いっぱいに愛して守り抜きたいと思っている。共感できる人間らしい部分がありました」とコメント。

 横浜さんは、李監督から「まずは広瀬すずと横浜流星として2人の距離感を縮めたほうがいいんじゃないか」と指摘を受けたと明かした上で、「2人きりで話し合う時間を持ちました。クランクイン直前にロケ地の(長野県の)松本で2人で街巡りをして、そばを食べたりゲームセンターに行ったりと、普通の人同士が過ごすような日常を体験し、自然と亮と更紗になっていけたような気がします」と語っている。

写真を見る全 4 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る