長谷川京子:5年ぶり「木曜劇場」 土屋太鳳主演「やんごとなき一族」で上流社会に大きな影響力を持つ「マダムキリコ」に

連続ドラマ「やんごとなき一族」第4話に出演する長谷川京子さん (C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「やんごとなき一族」第4話に出演する長谷川京子さん (C)フジテレビ

 女優の長谷川京子さんが、土屋太鳳さん主演の連続ドラマ「やんごとなき一族」(フジテレビ系、木曜午後10時)の5月12日放送の第4話に出演することが5日、明らかになった。長谷川さんが同局の「木曜劇場」枠に出演するのは、2017年放送の「セシルのもくろみ」以来、5年ぶりとなる。

 長谷川さんは、年齢、国籍、性別が不詳の通称「マダムキリコ」を演じる。キリコの素顔はベールに包まれており、「『キリコベイビーズ』と呼ばれる若い男性をはべらせている」といったうわさが飛び交う。さらに、上流社会に大きな影響力を持ち、深山グループで働く健太(松下洸平さん)にとって、圭一(石橋凌さん)から命じられた新プロジェクトを成功させるために必要不可欠な存在となる。

 出演が決まった長谷川さんは「原作を読ませていただきました。一人一人のキャラクターがしっかりあり、とても楽しく、またキリコがとても迫力のある役柄だったので、正直私にできるのか……。でも、やらせていただけるなら思い切り楽しみたいなと思っています」とコメントしている。

 原作はマンガ誌「Kiss」(講談社)で連載中のこやまゆかりさんの同名マンガ。庶民の家庭から上流社会の一族に嫁いだ主人公・篠原佐都(土屋さん)の姿を描く。

テレビ 最新記事