ちむどんどん:“オーナー”原田美枝子に視聴者熱視線「お美しい」「着物楽しみ」 「静御前のお母さん」の声も

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で原田美枝子さん演じる大城房子(C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で原田美枝子さん演じる大城房子(C)NHK

 黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)第26回が5月16日に放送された。同回から「東京・鶴見編」が開幕。原田美枝子さんが演じる銀座の西洋料理店「アッラ・フォンターナ」のオーナー・大城房子が初登場し、視聴者の注目を集めた。

 「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作品。沖縄料理に夢をかけるヒロイン・暢子(黒島さん)たち4兄妹の笑いと涙の物語。

 原田さん演じる房子は、戦前からのたたき上げの料理人で、料理、食文化などについての豊富な知識を持っている……という人物。高い人間力も併せ持ち、「アッラ・フォンターナ」に独裁的に君臨している。

 第26回では、店にやって来た暢子の方言を聞いて沖縄出身とピシャリと当てる。方言丸出しで大声で興奮する暢子を見て、料理長の二ツ橋光二(高嶋政伸さん)に小声で「残念ながら、彼女は何年いても都会人になれない。ここでの食事もきっと最初で最後ね」と告げ、「最高の思い出となるよう、いつも通りのサービスを心がけます」という二ツ橋に「よろしく」と指示した。

 西洋料理店のオーナーだが、着物姿の房子。SNSでは視聴者から「お美しい」「ステキだぁ」「(今後原田さんの)お着物も楽しみにしよう」などの声が続々と上がった。

 また、同局の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)には、原田さんの娘の石橋静河さんが静御前役で出演しているが、SNSでは「タイムリー」「静御前のお母さん」と反応する視聴者のコメントも見られた。

テレビ 最新記事