綱啓永:“リュウソウブルー” “ウルトラマン俳優”濱田龍臣との共演に「あっ、ヒーローだ」

ドラマ「武士が、マックで店員になった件。」に出演する(左から)なえなのさん、濱田龍臣さん、伊藤淳史さん、綱啓永さん
1 / 8
ドラマ「武士が、マックで店員になった件。」に出演する(左から)なえなのさん、濱田龍臣さん、伊藤淳史さん、綱啓永さん

 スーパー戦隊シリーズ「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(2019~20年)でリュウソウブルー/メルトを演じた俳優の綱啓永さんがこのほど、東京都内で行われた、5月17日スタートのドラマ「武士が、マックで店員になった件。」(カンテレ・関西ローカル、火曜深夜0時25分)の会見に出席。特撮ドラマ「ウルトラマンジード」(2017年)で主人公の朝倉リクを演じていた主演の濱田龍臣さんと“特撮ヒーロー共演”の感想を語った。

 日本マクドナルドが特別協力し、働くことを通して仲間の大切さを描くハートフルコメディー。就職浪人生・太田信中(濱田さん)はある日、記憶喪失の武士(伊藤淳史さん)と出会い、自宅に連れて帰る。好奇心旺盛な武士は、一口食べたハンバーガーにほれ込み、信中と同じハンバーガーショップでアルバイトとして働くことになる。全3話。

 綱さんは、主演の濱田さんが朝倉リクを演じていたことに触れ、「『あっ、ヒーローだ』みたいな感覚はどこかにありました」とコメント。綱さんとの共演に、濱田さんは「綱君がリュウソウジャーで共演していた岸田タツヤさん(リュウソウブラック/バンバ)と、他の作品で1回ご一緒したことがあって、『この前、そういえば』みたいな話はしました」と語った。

 伊藤さんは、バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげです。」(1988~97年)内のコーナー「仮面ノリダー」でチビノリダーを演じたことでも知られるが、綱さんは「お母さんに伊藤さんと共演すると言ったら、めっちゃ興奮していました。『すごいじゃない』と言われました」と明かした。伊藤さんが「33、34年前(の話)。今は影も形もない」と言うと、綱さんは「お母さんがあんなに興奮することないですから」と笑った。

 ドラマの内容にちなみ、アルバイト経験を聞かれた綱さんは「高校生の時にコンビニやファストフードをやっていました」と告白。その上で「居酒屋やバーのアルバイトをやってみたいです。居酒屋は楽しいと聞きますし、バーはお酒のことを詳しく知れそうです」と語っていた。会見には、なえなのさんも出席した。

写真を見る全 8 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画