明日の仮面ライダーリバイス:第36話「岐路に立つ人類、それぞれの決意」 花をかばった玉置をベイルが拉致 戻ってきた元太「決着つける」宣言 

「仮面ライダーリバイス」第36話「岐路に立つ人類、それぞれの決意」の一場面(C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 3
「仮面ライダーリバイス」第36話「岐路に立つ人類、それぞれの決意」の一場面(C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第36話「岐路に立つ人類、それぞれの決意」が5月22日に放送される。

 赤石長官(橋本じゅんさん)の演説に、世間は動揺。ジャンヌ/さくら(井本彩花さん)と花(浅倉唯さん)が街を偵察していると、ベイル(声・津田健次郎さん)が現れた。さくらはジャンヌに変身するが、花をかばおうとした玉置(八条院蔵人さん)がベイルに拉致されてしまう。

 リバイ/一輝(前田拳太郎さん)たちは、「しあわせ湯」でその報告を受けるが、そこに父・元太(戸次重幸さん)がやってくる。すべては自分の責任だという元太は、自身の悪魔であるベイルと「決着をつける」と宣言するが……。

 「仮面ライダーリバイス」は、仮面ライダーの生誕50周年記念作品。主人公・五十嵐一輝が大切な家族を守るため、内に宿る悪魔バイス(声・木村昴さん)と契約して仮面ライダーリバイに変身。悪魔バイスが変身する仮面ライダーバイスと共に、“一人で二人”のコンビの仮面ライダーリバイスとして、復活した悪魔ギフらと戦う姿を描く。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事