ドラマ1週間:杏、7年ぶり“月9”出演でイメージ一新! 20センチばっさりカットでショートに 「おかえりモネ」1周年でトレンド席巻

連続ドラマ「競争の番人」でダブル主演を務める杏さん(左)と坂口健太郎さん (C)フジテレビ
1 / 1
連続ドラマ「競争の番人」でダブル主演を務める杏さん(左)と坂口健太郎さん (C)フジテレビ

 1週間の主なドラマのニュースをまとめて紹介する「ドラマ1週間」。今回(5月14~20日)は、女優の杏さんが7月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「競争の番人」(月曜午後9時)で俳優の坂口健太郎さんとダブル主演を務める話題や、女優の清原果耶さん主演の2021年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」の初回放送から1周年となった5月17日、「#おかえりモネ1周年」や「りょーちん」(King & Prince・永瀬廉さん)がツイッターでトレンド入りして注目を集めた。前後編で取り上げる。

 5月15日、二宮和也さんが主演するTBS「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「マイファミリー」の第6話が放送され、主人公・鳴沢温人(はると、二宮さん)が、阿久津晃(松本幸四郎さん)の娘・実咲(凛美さん)を誘拐したとされる犯人と対面。その正体は温人の部下・鈴間亜矢(藤間爽子さん)で、SNSでは「息止まった」「心臓バクバクやった」などと、まさかの展開に反響が広がった。

 16日、7月スタートのフジテレビ系“月9”ドラマ「競争の番人」で、杏さんが坂口さんとダブル主演することが発表された。杏さんが月9で主演を務めるのは、2015年放送の「デート~恋とはどんなものかしら~」以来、約7年ぶり。坂口さんとはドラマ初共演。新川帆立さんの最新刊となる同名小説が原作で、公正取引委員会を舞台としたエンタメミステリー。杏さんは、実直で感情のままに行動する元刑事・白熊楓(しろくま・かえで)を演じる。「今までにお見せしてきた私へのイメージを一度なくして、新しい役として見ていただくために髪を(20センチ)カットしました」と、役作りでショートヘアにしたことも明かした。

 16日、黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第26回が放送され、調理師の資格を持ち“料理男子”として活動する俳優の池田航(こう)さんが出演。東京のレストランでヒロイン・暢子(黒島さん)と共に働く料理人・桃木雄三役で登場し、朝ドラデビューを果たした。池田さんは「今まで料理人をやってきた経験が、俳優としての人生に大きなチャンスをもたらしてくれました。より多くの方に沖縄の魅力、そして食への関心を伝えていきたいです」と意気込んでいる。

 同回では、女優の原田美枝子さんが、1975年度前期の「水色の時」以来47年ぶりの朝ドラ出演を果たした。銀座の西洋料理店「アッラ・フォンターナ」に君臨しているオーナー・大城房子役。着物姿の房子に、SNSでは視聴者から「お美しい」「ステキだぁ」「(今後原田さんの)お着物も楽しみにしよう」などの声が続々と上がった。また、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)には、原田さんの娘の石橋静河さんが静御前役で出演しているが、SNSでは「タイムリー」「静御前のお母さん」と反応する視聴者のコメントも見られた。

 17日、女優の永野芽郁さんが、7月期にTBSの「火曜ドラマ」枠(火曜午後10時)で放送される連続ドラマ「ユニコーンに乗って」で主演を務めることが明らかになった。永野さんは同局の連ドラ初主演。ドラマは、「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」「NightDoctor(ナイト・ドクター)」(共にフジテレビ系)などの大北はるかさんのオリジナル作。自ら起業した教育系スタートアップ企業「ドリームポニー」のCEOを26歳の若さで務める成川佐奈(永野さん)のもとに、ある日、会社の雰囲気とは全く異なる中年サラリーマンが転職してきたことで、佐奈の仕事や恋の環境が一変して……というストーリー。

 17日、アイドルグループ「欅坂46」の元メンバーの長濱ねるさんが、2023年放送予定の安藤サクラさん主演のNHKの特集ドラマ「旅屋おかえり」の新作「長野編」に出演することが分かった。ドラマは、安藤さん演じるタレントでリポーターの“おかえり”こと丘えりかが、依頼人の思いを背負って代わりに旅するという物語。長濱さんは「長野編」で、おかえりに旅を依頼する藤森花音を演じる。

 17日、9人組ダンスボーカルグループ「SUPER★DRAGON」の古川毅さんが、6月4日にスタートするアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さん主演の「僕の大好きな妻!」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜午後11時40分)に出演することが分かった。ドラマは、発達障害を抱える主人公・北山知花(ちか、百田さん)が困難に直面しながらも、夫の悟(落合モトキさん)と共に前を向いて歩く姿を描く。古川さんは、悟の後輩のマンガアシスタント・河口たかひろを演じる。空気を読まない発言が多いという役どころになる。

 17日、清原さん主演の2021年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」の初回放送から1周年となった5月17日、「#おかえりモネ1周年」や「りょーちん」(永瀬さん)がツイッターでトレンド入りし、SNSが盛り上がった。「おかえりモネ」は、宮城県気仙沼生まれのヒロインが、東京で天気予報の経験を積んだ後で故郷に戻り、地元へ貢献する姿を描いた。ドラマ放送中には、永浦百音(清原さん)の相手役・菅波光太朗(坂口さん)こと「俺たちの菅波」が連日話題を集めた。SNSでは「モネちゃんに、菅波先生に会いたい」「続編が見たい、続編が……」と希望する声も多く上がった。

テレビ 最新記事