鎌倉殿の13人:「またお前」アサシン善児が大活躍 静の子に頼衡も 「当たり前のように善児」「息を吐くように人を殺める」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第20回場面カット (C)NHK
1 / 1
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第20回場面カット (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第20回「帰ってきた義経」が5月22日に放送され、梶原善さん演じる善児が大活躍。視聴者を震え上がらせた。

 善児はもとは伊東祐親(浅野和之さん)に仕える下人で、その祐親を含む数々の登場人物の「死」に関わってきたことから、オープニングのタイトルバックに名前があるだけで、「不穏」「悪い予感しかしない」「背筋が凍るんだが」とSNSがざわつくほど。視聴者から「アサシン(暗殺者)善児」と呼ばれ、恐れられてきた。

 第20回では、義経(菅田将暉さん)の側女(そばめ)の静御前(石橋静河さん)が産んだ男の子を抱き、どこかへ連れ去る様子が回想で描かれたほか、義時(小栗さん)に同行した平泉では、藤原秀衡(田中泯さん)の六男の頼衡(川並淳一さん)を一瞬で亡き者にするなど大活躍。

 静御前の子の殺害に“匂わせ”だけだったものの、SNSでは「回想でも仕事をする善児」「またお前か」「やっぱりお前の仕業か」「今日も善児は仕事をしました」「当たり前のように善児」などと視聴者は反応。頼衡殺害シーンでも「ぜんじこえーーー」「無表情で人を殺める善児が怖すぎるんよ」「息を吐くように人を殺(あや)める善児」「いろいろ感情通り越して、善児まじで使える。と感心してしまっている」といった感想が書き込まれた。

テレビ 最新記事