マイファミリー:「犯人は……お前なのか?」 “温人”二宮和也の目の演技に絶賛の声(ネタバレあり)

ドラマ「マイファミリー」第7話の一場面(C)TBS
1 / 1
ドラマ「マイファミリー」第7話の一場面(C)TBS

 二宮和也さんが主演するTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「マイファミリー」第7話が5月22日、放送された。ラストでは、二宮さん演じる鳴沢温人が、娘・友果(大島美優さん)の誘拐事件について、ある人物に「犯人は……お前なのか?」と問いかける展開に。視聴者からは、「二宮くんは目の演技がすごい」「ラストのニノの演技、最高に素晴らしいなぁ」など絶賛の声が上がった。

 ◇以下、ネタバレがあります

 第7話では、温人の会社「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の社員・鈴間亜矢(藤間爽子さん)が犯人と分かり、温人は鈴間の身辺を調べつつ、共犯の存在を考える。ハルカナの社外取締役・阿久津晃(松本幸四郎さん)の娘・実咲(凛美さん)が誘拐され、安否を心配する中、温人らはビジネスパートナーの立脇香菜子(高橋メアリージュンさん)への疑いを強めるが……。

 ラストでは、温人が自宅に仕掛けられた盗聴器を発見する。以前、鳴沢家を調べ、盗聴器の存在を否定していた元刑事の東堂樹生(濱田岳さん)に、温人は「お前がつけたんだからホントのこと言えるわけねぇよな」と言い放つ。また、ゲームの中でやりとりした犯人のアカウントが「haruto1212」だったと振り返り、「1212はお前の結婚記念日だよな?」と話す。

 さらに、東堂の結婚式の写真に、鈴間が映っていたことを挙げ、「鈴間とお前と奧さん、これ一体何の関係なんだ?」と問いかけた温人。「東堂。犯人は……お前なのか?」と尋ねると、東堂は「俺が誘拐した」と自白して……。

 SNS上では、 「ニノの演技力が素晴らしい」「あの目だけの演技すごくないですか? 鳥肌立った」「東堂に対する気持ちが目にあふれている」「今まで信用してた人がなんで……っていう悔しい気持ちと、やるせない気持ちが演技に出てる」「最後のシーン、ニノと岳くんの目だけでの演技力っていうか、迫力がすごい」といったコメントが並び、注目を集めていた。

テレビ 最新記事