柳俊太郎:茅島みずき主演「教祖のムスメ」で刑事役 「あまり経験のない役でワクワク」

連続ドラマ「教祖のムスメ」に出演する柳俊太郎さん (C)「教祖のムスメ」製作委員会・MBS
1 / 1
連続ドラマ「教祖のムスメ」に出演する柳俊太郎さん (C)「教祖のムスメ」製作委員会・MBS

 俳優の柳俊太郎さんが、女優の茅島みずきさん主演で6月2日深夜スタートの連続ドラマ「教祖のムスメ」(MBS、木曜深夜0時59分)に出演することが5月24日、分かった。本作で刑事・中野隼人を演じる柳さんは「刑事はあまり経験のない役だったので、とてもワクワクしました。つらいことを抱えながらも捜査を続けるシリアスな役です。役者としてまた一つ新しい経験ができたことに喜びを感じます」と意気込んでいる。

 ドラマは、桐谷沙羅(茅島さん)の転校をきっかけに、同級生の双子のきょうだいや生徒、家族が疑惑と混乱に巻き込まれていく学園サイコサスペンス。

 柳さんの演じる中野隼人は、中野亜紀(莉子さん)の兄。事件の真実を明らかにするため奔走する。

 本作について、柳さんは「脚本を読んでいて自分もだまされ続けました。とても攻めた内容で、最後の最後まで展開の読めないスリルある作品になっておりますので、ぜひ皆さんに楽しんで見ていただけたらなと思います」とアピールしている。

 ドラマはMBSの「ドラマ特区」枠で放送され、第1話は深夜1時9分から。テレビ神奈川、チバテレなどでも放送されるほか、「TVer」「GYAO!」「MBS 動画イズム」で見逃し配信される。

テレビ 最新記事