花嫁未満エスケープ:第8話 “ゆう”岡崎紗絵、“尚紀”中川大輔からの指輪を発見

女優の岡崎紗絵さん主演の連続ドラマ「花嫁未満エスケープ」第8話の一場面(C)「花嫁未満エスケープ」製作委員会
1 / 6
女優の岡崎紗絵さん主演の連続ドラマ「花嫁未満エスケープ」第8話の一場面(C)「花嫁未満エスケープ」製作委員会

 女優の岡崎紗絵さん主演の連続ドラマ「花嫁未満エスケープ」(テレビ東京系、木曜深夜0時半)第8話が5月26日に放送される。

ウナギノボリ

 ゆう(岡崎さん)は、尚紀(中川大輔さん)宅に置いたままの荷物を取りに行くことに。すると、段ボールから見慣れない小さな箱と手紙が出てくる。

 箱には、3年前のゆうの誕生日の日付とイニシャルが刻印されている婚約指輪が入っていた。手紙には、尚紀のゆうへの気持ちが書かれていて、思わず涙するゆう。指輪を捨てられずに持ち帰ってきてしまい……。

 原作は総合電子書籍ストア「ブックライブ」で連載中の小川まるにさんの同名マンガ。“結婚適齢期”を迎えた28歳の主人公・柏崎ゆうが、一緒に暮らす年下のカレ・松下尚紀と、偶然再会した高校時代の元カレ・深見一の間で揺れる姿を描く。

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画