ちむどんどん:“暢子”黒島結菜が里帰り! 沖縄ロケで「奇跡のような時間」 どう成長していくか「楽しみに」

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」主演の黒島結菜さん=NHK提供
1 / 2
NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」主演の黒島結菜さん=NHK提供

 黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)の沖縄ロケが5月中旬から下旬に行われ、東京にいる暢子(黒島さん)が、沖縄・やんばる地域に里帰りするシーンなどが撮影された。

 黒島さんは、「天気の心配もつきまとった撮影でしたが、無事に撮り切れてホッとしています。大事なシーンの撮影で、青空が見えるほど晴れてくれて、奇跡のような時間でした。前回の撮影以上にやんばるの大地と触れ合い、この土地に生かされてるんだなぁと感じました。ドローンカットなど、美しいやんばるの景色もたくさん撮れました! 後半も、暢子がどう成長していくか楽しみにしていてください!」とコメントを寄せた。

 制作統括の小林大児チーフプロデューサーは「念願かなって、再び沖縄でのロケーションを無事行うことができ、大変うれしいです。やんばる地域の力強い自然、色彩鮮やかな海から、出演者の皆さんもスタッフもエネルギーをもらえた気がします。物語の後半を彩る沖縄の風と光を、画面を通してお楽しみいただければと思っています」と語った。

 「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作品。沖縄料理に夢をかけるヒロイン・暢子と、強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の物語となる。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事