ナンバMG5:第7話 “剛”間宮祥太朗が次期生徒会長に “吟子”原菜乃華が同じ高校を受験

連続ドラマ「ナンバMG5」第7話の一場面(C)フジテレビ
1 / 16
連続ドラマ「ナンバMG5」第7話の一場面(C)フジテレビ

 俳優の間宮祥太朗さん主演の連続ドラマ「ナンバMG5(エムジーファイブ)」(フジテレビ系、水曜午後10時)第7話が6月1日に放送される。難破剛(間宮さん)は、白百合高校の次期生徒会長に立候補することに。伍代直樹(神尾楓珠さん)や大丸大助(森本慎太郎さん)は、目立ち過ぎだと心配するが、剛は応援してくれている藤田深雪(森川葵さん)ら級友のためにも真剣に選挙活動に挑もうと決意していた。

 生徒会長選当日、剛は「僕はこの白百合高校での毎日が本当に楽しくて……。明日、この生活が終わっても後悔しないように毎日を過ごしたい」と演説する。その効果もあってか当選する。

 伍代は剛の負担を少しでも減らそうと、特服を狙って茨城から遠征してきたヤンキーたちの相手をする。

 受験勉強に取り組んできた中3の妹吟子(原菜乃華さん)が、何と白百合高校を受験することに。剛はぼうぜんとなり……。

 原作は小沢としおさんのマンガ「ナンバMG5」「ナンバデッドエンド」(共に秋田書店)。ヤンキー一家に生まれた主人公・剛が内緒で健全な高校に入学し、家族の前ではヤンキー、学校では真面目な高校生という「二重生活」をするドタバタを描く。

写真を見る全 16 枚

テレビ 最新記事