悪女(わる):報われてほしい! “山瀬くん”高橋文哉の告白にネット大盛り上がり “麻理鈴”今田美桜の返事は?(ネタバレあり)

連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」第9話の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」第9話の一場面=日本テレビ提供

 女優の今田美桜さん主演の連続ドラマ「悪女(わる) ~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」(日本テレビ系、水曜午後10時)第9話が6月8日、放送された。山瀬修(高橋文哉さん)が、思いを寄せる先輩社員の田中麻理鈴(今田さん)に告白し、視聴者は大いに盛り上がった。

 ◇以下、ネタバレがあります。

 第9話では、峰岸雪(江口のりこさん)が「女性の管理職5割計画」(通称・JK5)推進室室長に就任し、JK5が本格的に始動。麻理鈴は、管理職を目指す女性20人の育成プログラムを担当するが、JK5による急な体制の変化に社内ではひずみが生じてしまう。

 山瀬は、T・Oさん(向井理さん)が女性管理職の人数を増やすため、ひそかに男性管理職のリストラを進めていることを知り、麻理鈴に「結構ひどい人だと思う」と伝えると、2人は口論になる。T・Oさんに憧れている麻理鈴が「適当なこと言わないでください」「何でそんなこと言うんですか」と声を荒らげると、山瀬は「田中先輩のことが好きだからですよ」と、勢いで思いを告白する。

 その後、T・Oさんの行いを知った麻理鈴は山瀬に謝罪。その上で「田中のこと、好きになってくれてありがとうございます。でも、やっぱり山瀬くんとはお付き合いできません」と伝える。振られた山瀬は「大丈夫です。分かってましたから」と言い、2人は先輩後輩の関係を続けることになった。

 山瀬に対して、SNSでは「山瀬くん、突然の勢い告白」「山瀬くん、まさかの流れで言ったな」「山瀬くん、こんなタイミングで言うつもりじゃなかったよね」と同情の声が集まった。振られる結果には、「山瀬くんつらいね頑張ったね偉いね」「山瀬くん報われてほしい!」「山瀬くんルート消えたんだが???」といったコメントが並んだ。

テレビ 最新記事