元彼の遺言状:第11話で“麗子”綾瀬はるかが失踪? “篠田”大泉洋たちが大物政治家からの依頼に奔走!

連続ドラマ「元彼の遺言状」第11話のワンシーン(C)フジテレビ
1 / 2
連続ドラマ「元彼の遺言状」第11話のワンシーン(C)フジテレビ

 女優の綾瀬はるかさん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「元彼の遺言状」(月曜午後9時)で、6月20日放送の第11話の内容が明らかになった。「麗子失踪編」と題して、主人公・剣持麗子(綾瀬さん)が不在の中、篠田敬太郎(大泉洋さん)や森川紗英(関水渚さん)たちが奔走する姿を描く。

 ドラマは、2021年の第19回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた新川帆立さんの同名小説(宝島社)が原作。主人公の敏腕弁護士・麗子が、バディーの篠田と数々の謎を解いていくリーガルミステリー。全11話。

 第11話では、麗子の奮闘によって見事、無罪判決を勝ち取った篠田は「暮らしの法律事務所」で新たなスタートを切る。そんな中、大物政治家の裏金3億円がなくなる事件が発生。表ざたにできない案件を極秘で解決してほしいと依頼が舞い込むが、麗子は篠田に「タヒチに旅行に行く」と電話を入れて姿を消してしまい……と展開する。

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事