櫻井孝宏:完全新作劇場版アニメ「モノノ怪」 再び“薬売り”に 「心の底から楽しみです」

アニメ「モノノ怪」の劇場版「劇場版『モノノ怪』」のティザービジュアル(C)ツインエンジン
1 / 9
アニメ「モノノ怪」の劇場版「劇場版『モノノ怪』」のティザービジュアル(C)ツインエンジン

 2007年にフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送された人気テレビアニメ「モノノ怪」の完全新作劇場版「劇場版『モノノ怪』」が制作され、2023年に公開されることが6月18日、明らかになった。テレビアニメに続き、中村健治さんが監督を務め、櫻井孝宏さんがメインキャラクターの薬売りを演じる。櫻井さんは「心の底から楽しみです」とコメントを寄せている。

 櫻井さんは「作品のルーツは2006年にノイタミナでオンエアされた『怪~ayakashi~」の一編でした。その名も『化猫』。数年を経て『モノノ怪』が始まり、その結びの一編もまた『化猫』でした。そして2022年。化猫に始まり化猫に終わっていた作品が三度動き出します」と話している。

 「モノノ怪」の15周年を記念したイベント「モノノ怪 十五周年記念祭」が6月18日にフジテレビ(東京都港区)で開催され、新作劇場版の制作が発表された。薬売りを描いたティザービジュアル、特報も公開。特報では、中村監督演出の新規描き下ろしカットがお披露目され、薬売りの「ふたたび、解き、放つ」というせりふが流れた。

 「モノノ怪」は、2006年にノイタミナで放送された「怪~ayakashi~」の人気エピソード「化猫」のスタッフが再集結して制作されたアニメ。「化猫」に登場した薬売りの男がモノノ怪に立ち向かう怪異譚(たん)が描かれた。スタイリッシュなキャラクターデザインに、和紙のテクスチャーなどCG処理を組み合わせた斬新な映像が話題となった。2020年に実施されたノイタミナ歴代70作品を対象とした投票企画「あなたが選ぶ思い出の3作品」(2005~09年度制作部門)で1位を獲得した。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画