瀬戸康史:17歳で単身上京、友人できず鬱々とした日々も 両親思い「逃げてはいけない」と覚悟 「徹子の部屋」で明かす

6月23日放送の「徹子の部屋」に出演する瀬戸康史さん=テレビ朝日提供
1 / 3
6月23日放送の「徹子の部屋」に出演する瀬戸康史さん=テレビ朝日提供

 俳優の瀬戸康史さんが、6月23日午後1時から放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演する。

 数々のドラマ、舞台に出演している人気俳優の瀬戸さん。NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)の主人公の異母弟・北条時房役でも話題になっている。

 出身は福岡郊外ののどかな地域。地元を走る電車は一両編成だったという。中学時代は将来の夢に向かって猛勉強し、地元の進学校へ進んだが、母親が黙って芸能オーディションに応募。17歳で単身上京してデビューした。

 上京当時は友人ができず、鬱々とした日々だったという。だが、空港で見送ってくれた両親の涙を思い、「逃げてはいけない」と覚悟を決めたと語る。

 サプライズで、故郷の母からの手紙が届く。趣味は絵を描くことだという瀬戸さんが、黒柳さんをイメージして制作したイラストも披露する。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事