花嫁未満エスケープ:最終話 “ゆう”岡崎紗絵、“深見”浅香航大と久しぶりに再会

女優の岡崎紗絵さん主演の連続ドラマ「花嫁未満エスケープ」最終回の一場面(C)「花嫁未満エスケープ」製作委員会
1 / 10
女優の岡崎紗絵さん主演の連続ドラマ「花嫁未満エスケープ」最終回の一場面(C)「花嫁未満エスケープ」製作委員会

 女優の岡崎紗絵さん主演の連続ドラマ「花嫁未満エスケープ」(テレビ東京系、木曜深夜0時半)最終第12話が6月23日に放送される。

 帰京してデザイナーを目指し始めたゆう(岡崎さん)は、深見(浅香航大さん)のデザインした家を見に行って、深見と久しぶりに再会する。

 デザイナーの道へ進んだことや今の悩みを打ち明けたゆうは、深見のある言葉に背中を押され、徹夜でデザインを描く。思いのこもったデザインは上司に認められ、無事商品化へ動き出し……。

 原作は総合電子書籍ストア「ブックライブ」で連載中の小川まるにさんの同名マンガ。“結婚適齢期”を迎えた28歳の主人公・柏崎ゆうが、一緒に暮らす年下のカレ・松下尚紀と、偶然再会した高校時代の元カレ・深見一の間で揺れる姿を描く。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事