ABCお笑いグランプリ:かが屋、天才ピアニストら12組が決勝進出 東京勢8組、関西勢4組

「第43回ABCお笑いグランプリ」の決勝に進出する12組=ABC提供
1 / 13
「第43回ABCお笑いグランプリ」の決勝に進出する12組=ABC提供

 若手芸人の日本一を決める「第43回ABCお笑いグランプリ」(ABC)の決勝進出者が6月23日に発表され、「青色1号」「かが屋」「カベポスター」「こたけ正義感」「Gパンパンダ」「ダウ90000」「天才ピアニスト」「ドーナツ・ピーナツ」「ハノーバー」「フランスピアノ」「ヨネダ2000」「令和ロマン」の12組が駒を進めた。東京勢が8組、関西勢が4組という顔ぶれになった。

 「ABCお笑いグランプリ」は、デビュー10年以内のお笑い芸人を対象にしたコンテストで、漫才やコント、ピン芸、マジック、落語などジャンルは問わない。優勝賞金は100万円。前身の「ABCお笑い新人グランプリ」では、お笑いコンビ「ダウンタウン」「ナインティナイン」「中川家」「フットボールアワー」らがグランプリを受賞しており、若手芸人の登竜門的コンテストとなっている。

 2020年の第41回は「コウテイ」、21年の第42回は「オズワルド」が王者に輝いた。2022年は、2021年(574組)を上回る608組がエントリー。

 決勝の模様は7月10日午後1時55分~同5時25分の3時間半にわたってABCで生放送されるほか、ABEMAで無料配信される。

写真を見る全 13 枚

テレビ 最新記事