鎌倉殿の13人:次週第26回は「悲しむ前に」 あらすじ公開 義時、大江広元と“新体制作り”に着手

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第26回場面カット 政子(小池栄子さん)にある決断を迫る義時(小栗旬さん) (C)NHK
1 / 10
大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第26回場面カット 政子(小池栄子さん)にある決断を迫る義時(小栗旬さん) (C)NHK

 俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)。7月3日放送の第26回の副題は「悲しむ前に」で、あらすじも公開された。

 ◇以下、ネタバレがあります

 「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時(小栗さん)が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

 第26回では、安達盛長(野添義弘さん)が涙に暮れる中、義時は先を見据え、大江広元(栗原英雄さん)らと頼朝の嫡男・頼家(金子大地さん)を次の鎌倉殿とする新体制作りを始める。

 しかし、比企能員(佐藤二朗さん)の力が増すことを嫌うりく(宮沢りえさん)が、夫・北条時政(坂東彌十郎さん)をたきつけてこの流れに対抗。鎌倉に不穏な空気が流れる中、狩りから戻った頼家は……というストーリー。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事