暴太郎戦隊ドンブラザーズ:謎の存在・マザー 能登麻美子、今後の展開に「楽しみで仕方ありません」

「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」でマザーを演じる能登麻美子さん
1 / 1
「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」でマザーを演じる能登麻美子さん

 スーパー戦隊シリーズの46作目「暴太郎(あばたろう)戦隊ドンブラザーズ」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)で、謎の存在・マザーを演じる声優の能登麻美子さんのコメントが公開された。

 7月3日放送のドン18話「ジョーズないっぽん」で、ドンムラサメを人間界に送り込んだマザーだが、能登さんは「マザーはまだまだ謎の存在ですが、ムラサメと共に今後どのように物語に関わっていくのか……今から楽しみで仕方ありません」とコメント。「マザーという役柄を丁寧に演じていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします」と語った。

 「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」は、おとぎ話「桃太郎」がモチーフのヒーロー。“レッド”ドンモモタロウが、お供の“ブルー”サルブラザー、“ブラック”イヌブラザー、“ピンク”キジブラザー、鬼がモチーフの“イエロー”オニシスターと共に敵と戦う。

アニメ 最新記事